宇宙葬とは

  宇宙葬(うちゅうそう)とは、故人の遺骨などをカプセルなどに納めてロケット等に載せ、宇宙空間(多くは地球を周回する軌道上)に打ち上げる散骨の一形態です。そのまま地球の周りを浮遊したあと、地球の重力に引かれて燃え尽きる形になっています。

↑戻る 

宇宙葬の概要

打ち上げるロケットには容積・質量の制約があることから、多くの例ではシリンダー状の容器に数gの遺骨を装てんし、数十から数百人分の遺骨を同時に打ち上げる方法がとられています。2004年に行われた例では150人分の「散骨」が行われた。打ち上げに用いるロケットは、費用削減のため既存の商業ロケットを転用する場合が多いです。

「宇宙葬」とはいうものの、実際にはロケット能力の制約などによって遺骨などは地球の重力圏を離脱できず、地球周回軌道に載る事が多い。そのため「スペースデブリの増加につながる」として、この行為に対する批判もあるようです。 但し、これらの遺骨などは重力によって徐々に大気圏に接近し、最終的には大気との摩擦によって「火葬」され、場合によっては流星となり消えていきます。

この発展形としては、人工衛星に遺骨を搭載するもの、月面や外宇宙に対して遺骨を打ち上げるものなどが検討されています。シューメーカー・レヴィ第9彗星の共同発見者であるユージン・シューメーカーは1997年に交通事故で急逝したのち、2005年に遺骨がルナ・プロスペクターにより月に送られていますが、これは2007年現在で月面に対して遺骨が送られた唯一の例です。また、冥王星の発見者クライド・トンボーは1997年の死後、遺骨の一部が2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載されました。こちらも、2007年現在外宇宙に遺骨が打ち上げられた唯一の例であります。

宇宙葬の歴史

初の宇宙葬とみられるものは、空中発射型ロケットのペガサスロケットによって1997年4月21日に行われました。このロケットにはジーン・ロッデンベリーなど24人分の遺骨が格納されており、カナリア諸島の上空11kmから発射された。このロケットは遠地点578km・近地点551kmで公転周期96分の楕円軌道に乗り、2002年5月20日にオーストラリア北部に落下しました。

次の宇宙葬は前記のユージン・シューメーカーのものであり、1998年1月7日にアテナロケットを用いて月面に対する科学調査と同時に行われました。このロケットは1999年7月31日に月の南極付近に衝突したとあります。

他に、次のような例があります。

1998年2月10日・30人分・トーラスロケットによる打ち上げ・地球周回軌道
1999年11月20日・36人分・トーラスロケットによる打ち上げ・地球周回軌道
2001年9月21日・43人分・トーラスロケットによる打ち上げ・地球周回軌道

↑戻る 

リンクについて

★当サイトはリンクフリーとなっておりますのでリンク時の連絡等は特に必要ありません。
ホイホイっとリンクしてくれて良いですよ♪
もちろん、テキストリンクだけでも結構です(*´▽`*)

★禁止事項としまして、当サイトの各コンテンツへの直リンクは禁止してますのでご了承ください。

★サイトの紹介文は下記を参照にお願いします♪

◎サイト名:・・・『 宇宙葬やらないか 』

◎紹介文:・・・『宇宙葬やらないかは、宇宙葬ポータルサイトです。』


copyright (C) 2008 宇宙葬やらないか All Rights reserved.